MENU

避妊するならアフターピルより低用量ピルがおすすめの理由

アフターピル,低容積ピル,威力,通販,口コミ

 

妊娠していたらいかんせんという心労を体験し、自分の人体は自分で続けるためにピルを服用するという個人が増えています。

 

芸能人のSHELLYさんも18年代からピルを飲んでいて、邦人のピルについての登録のなさに戸惑ったといいます。

 

当然低用量ピルは、デイリー服用するためあまり100パーセントの避妊効き目を得られるということもありますが、ますます女の子においてうれしい効き目がたくさん残る事がわかっているからです。

 

たとえば、多くの女性が困り耐える月の物痛の鎮静、月の物不順の改変、PMS(月経前症候群)の縮減などの効果があるのです。

 

ピルを服用するため、ホルモン均整が整い、生理前の肌荒れや面皰に悩まされることもなくなります。

 

排卵を抑えることができるので、卵巣の退化を遅らせることができるので、卵巣がんや良性卵巣腫瘍などに加わる恐怖が低くなるのでピルを服用するメリットがあるのでおすすめの理由です。

 

日本の産婦人科で一番作り方されているのがトリキュラー21だ。

 

産婦人科で低用量ピルを処方してもらうって2000円+診断費だ。

 

安く購入しようと思うと通販で購入すると1000円程度で購入できます。

 

⇒アフターピル通販はこちら!

低用量ピルを開始するバターン

アフターピル,低容積ピル,威力,通販,口コミ

 

アフターピルを服用した場合に、低用量ピルを開始するパターンは2つあります。

 

低用量ピルを服用するパターンは排卵の陽気を通じて違う。

 

排卵前にアフターピル服用した場合は、翌日から低用量ピルの飲用を開始します。

 

排卵前に低用量ピルを服用するため、排卵を抑制して避妊を継続できるからです。

 

排卵後にアフターピルを服用した場合は、消退出血を確認してから飲用を開始します。

 

排卵後の場合は、受精が成立していたところ、低用量ピルを服用すると、着階を促してしまうことが起こるからです。

 

⇒ホームページへ

このページの先頭へ